テンションを高める

女の子の体は感じるようにできています。
特におまんことその周辺は性感帯であり、ここを刺激することで容易に濡れた状態を作ることができるでしょう。
もちろんそれにはある程度のテクニックが必要ですが、知識と相手に対しての思いやりがあれば、マスターするのに難しいことはありません。
舌を使ったおまんこへの刺激の方法で代表的なのがクンニで、男が女の子の股に顔をうずめている様子はアダルトビデオなどでよく見られます。
この体勢だと、女の子が自分のおまんこに何をされているのかよく見えるので、できるだけそれを自覚させてやることが大事です。
女の子は興奮するとおまんこが濡れてきます。
これは、舌を入れていると露骨に液の量が増えてくるので、すぐにわかるでしょう。
上手に濡らしていくコツは、とにかく女の子の反応を見ることです。
おまんこの周囲を舌で舐めあげ、期待感を高めていくのもテクニックの一つとして数えられています。
クリトリスをいきなり舌先で刺激していくのも突発的な攻めとしてはなかなかです。
ただ、ここはたいていの女の子にとって最後のツボなので、後にとっておいたほうがいいでしょう。
最初のうちはあまり濡れていないので、クンニのやり方もねぶるような執拗な感じより、ソフトでタッチするかのような優しい感じがいいようです。
私は恋人相手に愛撫する時は、ソフトタッチからだんだん荒々しいプレイに移行していきます。
緩急をつけた舌の動きを心がけるのも大事です。
テンションを高めるようなクンニの仕方については、体で覚えるしかありません。
特に女の子が興奮する前は、股の間に頭を入れることすら拒絶される場合があります。
キスからだんだんと女の子の緊張をほぐしていき、おまんこに舌を入れることができたら、後はだんだんと刺激を強くしていけばいいのです。
使えるのは舌と唇、歯の3つですが、これに息を吹きかける行為が入るので、できることは多いでしょう。
最初は舌でオーソドックスにおまんこを舐め、なれたら中に舌を入れてやればいいのです。
また、クリトリスを指で刺激しながらおまんこに舌を入れるなど、高度なテクニックも使えます。
ぴちゃぴちゃと音をさせながらおまんこを舐めていく行為は、よくアダルトビデオでは見られますが、これに関しては良し悪しがあります。
特に恥ずかしがりの女の子にとって、あまりに露骨な音をさせるのはタブーです。
クンニの仕方も、女の子の性格に合わせて行うのがベストなのでしょう。