実際に

セックスにおいて男性が女性の性器を舐めることはそんなに珍しくありません。
専門用語でこれをクンニといい、基本姿勢は女性の股に男性が顔をうずめるような形になります。
最初女の子は恥ずかしがって股を開いてくれない場合もあるので、指マンやキス、おっぱいへの愛撫などから順繰りにやる気にさせましょう。
コツとしては舌先でおまんこのびらびらを舐めとるような感じです。
私が彼女にしてあげているのは、大抵舌先をつんつんと入り口あたりに這わせ、弱い刺激を与える行為ですが、これだけだと彼女も満足はできません。
これはあえてやっていることで、これから舐めるぞという合図に過ぎないのです。
少し濡れてきたら、舌先をおまんこの中に入れましょう。
クンニは舌に全神経を集中させ、あふれてくる液すべてをすくいとるような感じでゆっくりと舌を動かすのが一般的です。
女の子も敏感なので、息がおまんこに当たるたびに良い反応を見せてくれます。
反応を見ながらクリトリスを中心に責めていき、舌先を這わせたり、唇で吸い取ったりするのがいいでしょう。
同じような刺激を長時間与えた後、直後に違うタイプの刺激を与えることで、女の子の反応が格段に良くなります。
一度コツを覚えてしまえば、クンニはそんなに難しいものではありません。
おまんこを舐めてあげれば後でフェラチオを頼みやすくなりますし、いろいろな面でセックスのバリエーションが広がります。
自分なりに女の子の研究をしていき、相手のどこが弱いのかを見極めるのも大事です。
おまんこはだいたいの子が性感帯なのですが、中がいい子と外の部分を中心に舐めるほうが興奮する子がいます。
反応を見ていけば感じているかどうかがわかり、液の量が変わってくるので、それを見て責める場所を決めましょう。
クリトリスへの刺激はかなり強いものがあるので、女の子によっては痛がるかもしれません。
そのため、舌でくるむようにしてつんつんと刺激してあげたり、口全体で含むようにすると反応がいいはずです。
女の子を舌だけでイカセることももちろん可能です。
その場合は、クリトリスを少し強めに吸ったり、おまんこに舌先を入れて、激しく出し入れするのがいいでしょう。
クンニをしている間は呼吸が大事になるので、息継ぎをしながら激しく、優しく、リズムをとり、緩急をつけて休まず責め続けるのが一番です。
彼女がイった後、ちょっと呼吸を置いてすぐにクリトリスなどを責めると、いつもより良い反応をすることがあります。
AV男優がテクニックを紹介しているペニス悩み相談セックステクニック.comというサイトでクンニについても取り上げられてますので読んでみて下さい。
その他にも手マンや女性をイカせる方法などのセックステクニック全般を紹介しているようですので参考にするとよいと思います。

参考|使用済みパンツのブルセラ販売|シミパン